seo Textbookこれからのseoを考える情報サイト
seoの基本を理解して対策を行うことでよりよいサイト運営が可能になります!

TOP > seo 検索エンジン最適化 seo対策とアクセス解析 seo対策 > インターネットの基礎であるseo

目次

  1. インターネットの基礎であるseo
  2. ぜひseo対策に取り入れたいレスポンシブ
  3. レスポンシブでseo以外のメリットも
  4. SEOをしても意味がないということは本当はどういうこと?

インターネットの基礎であるseo

インターネットにおいては、多くの人が利用するようになりました。そうした背景から、インターネットからさまざまなビジネスチャンスが誕生しています。

企業に関わらず、個人の規模でインターネットビジネスをおこなうような人もいるようです。

いずれにしても、インターネットビジネスをおこなうにあたっては、ユーザーの集客が必要とされてきます。

seo対策に関してはそのようなユーザーのニーズを捉えていますので、良質なコンテンツを作るにあたって、必要不可欠な内容になっています。

seoを攻略するにあたっては、さまざまな情報を参考にすることができるでしょう。ただ、seoの観点だけでなく、利用者の利便性を考えることで結果的にseoにも優位に立つことができることもあります。

大阪のSEO会社について。

ぜひseo対策に取り入れたいレスポンシブ

運営しているホームページはseo対策を行う事で、少しでもユーザーに訪問してもらえる様にあらゆる工夫や努力をしている人がいます。ところで、最近レスポンシブというワードを見かける事が多くなりました。

レスポンシブはseo対策という観点から考えた際にも優れていると言われる事もあります。すでにseo対策は行っているが、まだレスポンシブではないという場合には、早速取り入れてみてはどうでしょうか。

レスポンシブにする事で、seo対策が加速する事もあるでしょう。認知を広めて、そこから売り上げへと結び付けたいと考えているのであれば、seo対策の一環としてレスポンシブを導入し目指すのもいいでしょう。

大阪でSEOをするなら「seo 大阪」で検索。

レスポンシブでseo以外のメリットも

競争が激しくなる一方のseoですが、これには様々な対策方法があります。ホームページをレスポンシブにするというのも一つの方法と言えます。レスポンシブにする事で、一つのURLで管理する事ができます。

レスポンシブにすると結果として、URLが拡散されやすい事からseoにメリットがあると考えられます。今後もseoに力を入れたいが、まだ対応していないのであれば、早速導入する事で、これからのseoがますますしやすくなる事もあるでしょう。

レスポンシブにすると、更新の際に時短になる場合もあります。レスポンシブにする事は、seo対策以外のメリットもあると考えられます。魅力を感じている人も多いでしょう。

seo対策の料金について。

SEOをしても意味がないということは本当はどういうこと?

ここ数年「SEOをしても意味がない」って言葉をよく聞きますが、どういうことなのでしょうか?では本当にだれもSEOをしていないのでしょうか?

それは嘘でほとんどのサイトでSEOを行っています。それはどんなSEOがダメなのか?というとそれはコンテンツが十分ではないのに外部の被リンクサイトの構築ばかりに力を入れることを効果がないよと言っているのです。

外部リンクに関しても関連のコンテンツがないと効果が大きくありません。内部、外部に関わらずコンテンツがないものは全く評価しなくなったということです。

ここでいうコンテンツとは意味のある内容のことです。画像も動画もテキストもすべてコンテンツです。

画像を増やしてもコンテンツが増えたと認識されます。また、そのコンテンツが何を意味しているのか?というとキーワードのマッチング度合いを見ています。

画像の中の文字もGoogleは認識していると考えられます。文字をテキストだけでなく、動画、画像から認識しているようです。

そうはどういう意味があるのか?というと全く意味のない動画に対してコンテンツとして認識させようとしてもそれはSEOのために設置したと認識するためほぼ意味がなくなるということです。

画像、動画のコンテンツ理解は2010年以降はかなり精度が上がっていると思います。そうするとSEOのために手軽な手法はほぼばれてしまうということなのです。

だからもうそのようなSEOはやめようやということなのです。姑息なテクニック、被リンクはほぼ意味がないと考えた方がいいと思います。

seoに関連するコラム

メニュー

TOP 検索エンジン最適化とは seo seo対策 ホームページ作成 ECサイト構築